多相睡眠を実践した結果と次回の方法(やり方)(02/02~02/08)

今回の期間も2度寝が3回ほど発生しています……。起きた後に明かりをすぐ点けた日は防げているのですが、なかなか難しいです。
アラームメッセージに明かりを付けなさいと書いているのですが、小さく表示されるので起きた直後では全然気にも留めないようです。
メッセージはアラームを止めるボタンを隠すくらい主張した方がいいんじゃないかな、と思う次第です。
ただ、1日平均の合計睡眠時間は6時間未満にはなっています。

グリシンは1回も欠かさず摂っています。
効果は……摂っていない時と比較しないとよくわからないかな。
ただ、価格はとてもリーズナブルで、味もパウダー直接で全然大丈夫なので、継続して損はありません。

今回、外での朝食はルールに含めなかったため、敢えて外での朝食をとらない行動を試してみました。
今まで朝は朝日を浴びてメラトニン分泌を抑制させることで、目を覚まさせる効果を期待していましたが、部屋の照明でも目は覚めますし、カーテンを開ければさらに明るいのでメラトニン分泌を抑制するだけのためなら必要ないなと感じていました。
むしろ、早朝は気温が低く室内との寒暖差が激しいので眠くなるような気もしていましたので。

まず朝も昼も外で飯を取らず、夜にジムに行くついでに外食を取るという行動を何日か試したところ、正直運動量的にさほど問題はなく、使える時間がかなり増えるのですが、目に悪い気がしてきました。
視力低下は日光に当たる時間が影響しているそうなのでこの行動パターンはやめました。

次に試したのは気温が上がり日照量が多い昼に外で昼食を食べに行くの行動ですが、これは休憩も兼ねるため、なかなか良い行動パターンだと感じました。
これからは昼食で外に出かけようと考えています。

次回の方法(やり方)

縛りというかルールは前回と同じでいきます。
コーヒーは、昼の間にガバガバ飲むことにしました。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket