水出し(iwaki)とペーパードリップ(珈琲王)の飲み比べ

とある人にフレンチプレスで淹れてる、オイルが残るからいいぞとか言われたので、ちょっとオイルが残る抽出方法を検討して、水出しコーヒーにチャレンジしてみることにしました。
水出し用の器具はあまり種類はないのですが、安いものと高いものでかなり価格差があります。
今回は iwaki のウォータードリップコーヒーサーバーを購入しました。
価格がかなり安いのに、水の点滴部分と、コーヒーの粉に浸す部分と、抽出後のコーヒーを溜めておく部分が分かれているのでかなりよさげでした。

ただ、先にオイルに関しては結論を書いておくと、抽出後のコーヒーにはオイルは全然浮いてません。iwaki のウォータードリップコーヒーサーバーは3層に分かれているものの、コーヒーの粉に浸す部分には特殊なフィルターがあり、そこでオイルはせき止められてしまうようです。

早速淹れてみたのですが、買う前は水とコーヒーの粉をセットして終わり、簡単だろうと思っていたのですが、それ以外にも工程があって結構面倒です。
コーヒーの粉をセットした後、予め40mlの水を注ぎ手作業でよくかき混ぜて全体を湿られておく必要があるそうです。

なお、今回のコーヒーは澤井珈琲のブレンド・フォルテシモを使っています。
良いミルは持っていないので、予め中挽きにしてもらっています。
このコーヒーの価格は2kg(500gが4つ)で2000円とOKストアのコーヒーに匹敵する安さです。OKストアの方が若干安いですが、こっちの方が鮮度が高いはず。
とはいえ、全部消化する頃には酸化も進んでいるので、少しでも酸化を防ぐためにコーヒーミルが欲しいなと思う今日この頃です。

飲み比べ

まずはホットで飲み比べです。水出しの方は電子レンジで珈琲王で淹れたのと同じくらいの温度まで温めました。
香りはそれほど違いはなく、珈琲王の方は若干苦味と複雑な味が多い感じで、ちょっと舌がしびれる感じかな。水出しの方はちょっとマイルド過ぎな気がします。
どっちが良いかは甲乙付け難いです。

次はアイスで飲み比べです。双方、冷蔵庫の冷凍室でキンキンに冷やしました。
水出し(iwaki)の方はマイルドさが粉っぽく感じるようになりました。対して、ペーパードリップ(珈琲王)の方はスッキリしています。
薄い特殊なフィルターでは、細かい粉までは取れていないのかなと考え、珈琲王で淹れた後のペーパーフィルターからコーヒーの粉をある程度取り除いてから、水出しのコーヒーを再利用のペーパーフィルターに通したのですが、いまいちスッキリとはならず。どうやら、水出しの特徴なのかな?
アイスに関してはペーパードリップ(珈琲王)の方美味しいです。

んー、というわけで、ウォータードリップコーヒーサーバーの使い道としては、ホットで飲む際に、味を少しマイルドにしたい場合に珈琲王で淹れたものと混ぜる程度になるかもしれません。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket