新創業融資が通りましたとか、Office がない場合の意外な書類の編集方法とか

前回の投稿から2ヶ月近く間が出来てしまいましたが、取り敢えず新創業融資が通りましたのでご報告です。なるべく自己資金のみでやるつもりではあったのですが、ちょっと無理があったので利用させて頂きました。

実は Microsoft Office を持っていなかったり、動くプリンターがなかったりで、毎回書類を書いて印刷するのに四苦八苦していました。印刷は、セブンイレブンにデータを持って行って直接印刷していたのですが、データのサイズや PDF のバージョンによって動かなかったりと、結構トラブルに遭遇していました。今回、創業融資が通ったので、安いレーザープリンターくらいは買うことにします。

書類の編集方法は、創業融資の書類を書いているときに良い方法を見つけましたので、しばらくはそれで凌ぐ予定です。通常、電子データの書類が用意されている場合、Microsoft Office 用のフォーマットか、PDF が用意されています。この PDF が GIMP という画像処理ソフトで開けるのです。開くときに 600DPI(解像度600ピクセル/in) で画像に変換します。編集後に画像を PDF に再変換してセブンイレブンで印刷するという作業をしていました。
1つ気をつけなければならないのは字間です。字間を設定すると PDF 変換時に最後の1文字が改行される場合があります。字間を設定した場合は、字間の分だけ文字の領域を広げておくとこの現象が回避出来ます。

ちなみに、Office 互換ソフトの場合は、一部のマクロ、とくに PHONETIC(ひらがなをカタカナに変換)が対応していなかったり、印刷時のチェックボックスの表示や、その他サイズ感がちょっと違ったり、印刷する上では問題がありました。

アプリの開発状況は粛々と進めています。正式版リリースまでの予定としては、最低あと3回はバージョンアップをします。表面上は、テンプレート機能とバックアップ機能を追加して正式版リリースとなるのですが、テンプレート機能に着手する前に、その布石としていくつか実装しておくべき機能があるので、次回のバージョンアップでその布石を完了させる予定です。正式版リリースは早くても3月中旬頃になりそうです。ちなみに今は RTL(Right to Left)言語対応をしています。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket