タグ別アーカイブ: コーヒー

カリタのセラミックミル C-90 と山善のフードパックを使ってみました

2ヶ月くらい使用してからのレビューです。

カリタ セラミックミル C-90

正直な感想としては思っていたより微粉が出ます。
とはいえ、他の家庭用コーヒーミル(ナイスカットとか)も微粉が出るというレビューを見かけるので、家庭用はこの程度なのかもしれません。
また、家に汎用のプロペラ式ミルがあるのでそれと比較した場合は、流石に C-90 に軍配が上がります。プロペラ式だと粉の粒度がまったく揃いません。
最初は微粉をふるいにかけて取っていたのですが、全部取ろうとすると凄く時間が掛かる上に、味も薄くなってしまい最近では取っていません。

自分で挽いてみるとチャフ(表皮、シルバースキン)が結構目立ちます。とはいえこれは C-90 に限った話ではないはずです。
粉の状態で買う場合はある程度取り除かれているため、粉で買うのもありなんじゃないかなと思えてきます。
チャフを取るテクニックとしては、超超粗挽きで挽いた後に吹いて除去してから再度挽くといいらしいですが、とても面倒なのでやっていません。(後述のねじ込みを調整する必要があるので)
焙煎方法(風を送りながらとか)や焙煎前の処理(水で洗い落とすとか)によって豆自体から既にある程度チャフが取り除かれている豆もあるようなので、自分で挽く場合はそのような豆を選ぶのもいいかもしれません。
チャフノンとか Chaff Tornado とかいうチャフ除去に特化した商品もあるようなので、金銭的に余裕がある場合はそれを検討してもいいかと思います。5万くらいするらしいです。

メンテナンスですが、逆さにして豆の投入口から古い豆の残骸を落としたり、排出口にたまっている古い粉を付属のブラシで掃き出したりするのをこまめにする程度でいいと思います。
分解は組み立て時の微調整が結構面倒ですし、上記のメンテナンス方法で事足りるのであまりお勧めできません。既に3回くらい分解していますが最初の分解時はかなり苦戦しました。
C-90 には9段階の微調整レバーがついています。本調整は豆の投入口のねじ込み具合で行います。ねじ込み過ぎるとモーターが悲鳴を上げたり、微粉だらけになったりします。ねじ込みが浅すぎると大粒カットになります。
組み立てるときには毎回豆を少量投入して、挽き具合を確認しながらねじ込んでいく必要があります。

山善 フードパック

電動の真空保存する容器です。
真空保存は手動だとかなりプッシュする回数が多いようなので買うなら電動だなと考えていたのですが値段が結構高いです。
しかし、このフードパックは amazon でかなり安くなっていので買っちゃいました。
買ったものは、電動ポンプと専用の 900ml のプラスチック容器(FDPY-90)のセットと、1000ml のガラス容器(FDPG-100)です。

密閉方法は簡単で、本当に蓋の上にポンプを置くだけで出来ます。
なお、自分の場合は念のため2回しています。

密閉具合ですが、ガラス容器の方は半日くらいで空気が入ってきてしまいます。ただ、フードパックが特別質が悪いというわけではなく、他の商品のレビューでもそんな具合なようなので仕方がないと思っています。
プラスチック容器の方はかなり優秀です。1週間以上放置しても密閉できている感じです。

コーヒー豆 400g で、ぎりぎりプラスチック容器に収まるようなので、普段買っているコーヒー豆が 400g 以下なら、ポンプとプラスチック容器のセットだけで事足りる感じです。

ただ、プラスチック容器で空気を抜いて室内(テーブルの上に置くだけ)で保存した場合でも、毎日開け閉めしてコーヒーを淹れていると、数日で多少の味の劣化を感じるので過度の期待は出来ません。
冷凍保存したり、コーヒー豆は 200g 以下で分けられているのを買うなど、もう少し気を配った方がよさそうです。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket

アプリ開発状況などの近況報告

しばらくブログを更新していなかったので、アプリ開発状況をメインに近況報告します。

アプリの開発は進めていますが、新しい試みを取り入れるとそれに連鎖して様々な問題が出てきまして、その対応に結構な時間が掛かっており、目に見える進捗はあまり進んでいません。ただ実際には着実に進んでいます。

とくに時間が掛かったのは、一覧表示する画面での内部データの更新とDBの更新とUIの更新のタイミング制御で、内部データは LinkedList を使っていれば比較的簡単なのですが、全てオンメモリだと沢山の行データを扱うとパフォーマンスが悪くなるので、ページング処理を実装しているのですが、UI側で更新可能な点が中々面倒で、その対応にかなり掛かっていました。
それと、UIの更新タイミングによって、少し妙な動きをしていたため、その調査や対応に少し掛かっていたりしています。
ただ、それらを対応したおかげで、スムーズな動きのまま大量データを扱えるようになっています。

フローティングアクションボタンも配置するだけなら大したことないのですが……まぁいろいろ工夫しています。

あと、うかうかしていると貯金が予定していた資本金を割りそうなので、そろそろ会社を作る予定です。
1年間運営したときの必要な手続き等をいろいろ調べながら、取り敢えず印鑑は作ったので、来週は実際の手続きを始める予定でいます。

コーヒーはついに豆で購入して自分でミルで挽くスタイルに変更することにしました。
この間の豆は澤井珈琲のものでしたが、今回はhonu加藤珈琲店で購入しています。
ミルはコーヒー専用にカリタのセラミックミルC-90を購入しています。
保存容器も今回凝ってみまして、山善のフードパックという電動の真空保存用ポンプがかなり安くなっていたので購入しています。
これらは、以前買ったコーヒーがなくなり次第使う予定です。

Neuro:On もちょっと進展があったような感じで、実は5月13日にメールが届いていまして、Neuro:On Customer Portal という購入者専用のサイトが出来ています。
注文状況を表示していまして、5月13日から今までステータスは出荷要請中で変化はありません。
まだしばらくは届かなさそうです。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket

水出し(iwaki)とペーパードリップ(珈琲王)の飲み比べ

とある人にフレンチプレスで淹れてる、オイルが残るからいいぞとか言われたので、ちょっとオイルが残る抽出方法を検討して、水出しコーヒーにチャレンジしてみることにしました。
水出し用の器具はあまり種類はないのですが、安いものと高いものでかなり価格差があります。
今回は iwaki のウォータードリップコーヒーサーバーを購入しました。
価格がかなり安いのに、水の点滴部分と、コーヒーの粉に浸す部分と、抽出後のコーヒーを溜めておく部分が分かれているのでかなりよさげでした。

ただ、先にオイルに関しては結論を書いておくと、抽出後のコーヒーにはオイルは全然浮いてません。iwaki のウォータードリップコーヒーサーバーは3層に分かれているものの、コーヒーの粉に浸す部分には特殊なフィルターがあり、そこでオイルはせき止められてしまうようです。

早速淹れてみたのですが、買う前は水とコーヒーの粉をセットして終わり、簡単だろうと思っていたのですが、それ以外にも工程があって結構面倒です。
コーヒーの粉をセットした後、予め40mlの水を注ぎ手作業でよくかき混ぜて全体を湿られておく必要があるそうです。

なお、今回のコーヒーは澤井珈琲のブレンド・フォルテシモを使っています。
良いミルは持っていないので、予め中挽きにしてもらっています。
このコーヒーの価格は2kg(500gが4つ)で2000円とOKストアのコーヒーに匹敵する安さです。OKストアの方が若干安いですが、こっちの方が鮮度が高いはず。
とはいえ、全部消化する頃には酸化も進んでいるので、少しでも酸化を防ぐためにコーヒーミルが欲しいなと思う今日この頃です。

飲み比べ

まずはホットで飲み比べです。水出しの方は電子レンジで珈琲王で淹れたのと同じくらいの温度まで温めました。
香りはそれほど違いはなく、珈琲王の方は若干苦味と複雑な味が多い感じで、ちょっと舌がしびれる感じかな。水出しの方はちょっとマイルド過ぎな気がします。
どっちが良いかは甲乙付け難いです。

次はアイスで飲み比べです。双方、冷蔵庫の冷凍室でキンキンに冷やしました。
水出し(iwaki)の方はマイルドさが粉っぽく感じるようになりました。対して、ペーパードリップ(珈琲王)の方はスッキリしています。
薄い特殊なフィルターでは、細かい粉までは取れていないのかなと考え、珈琲王で淹れた後のペーパーフィルターからコーヒーの粉をある程度取り除いてから、水出しのコーヒーを再利用のペーパーフィルターに通したのですが、いまいちスッキリとはならず。どうやら、水出しの特徴なのかな?
アイスに関してはペーパードリップ(珈琲王)の方美味しいです。

んー、というわけで、ウォータードリップコーヒーサーバーの使い道としては、ホットで飲む際に、味を少しマイルドにしたい場合に珈琲王で淹れたものと混ぜる程度になるかもしれません。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket

コーヒーの飲み比べ - インスタントからレギュラー、ハンドドリップとコーヒーメーカーの飲み比べ

インスタント(レギュラーソリュブル)コーヒー各種から、レギュラー(ドリップ)コーヒーまでを飲み比べしてみました。
なお、飲みすぎは体に良くないので、1日に1:1の飲み比べしかしていません。
それと、インスタントコーヒーは最初に水で溶かしてからの方がおいしくなるとのことで、それの行程を行った上での比較となります。

インスタント同士の飲み比べ

まずはじめにインスタントコーヒーから飲み比べしています。
今回飲み比べしたのは以下のコーヒーです。
・ネスカフェ 香味焙煎 中煎り
・ネスカフェ 香味焙煎 深煎り
・ネスカフェ ゴールドブレンド
・ネスカフェ プレジデント

簡単に結論を述べますと、苦味と酸味くらいしか違いがなく、大して味は変わりませんでした。
インスタントだけを飲む分には、酸味はあまりない方がおいしく飲めそうです。
苦味と酸味のバランスが良いと感じたのは残念ながら一番高いプレジデントでした。

次にバランスがいいのはゴールドブレンドで、プレジデントより酸味が強いです。

香味焙煎の中煎りと深煎りは両極端で、中煎りはかなり酸味が強く、深煎りはかなり苦いです。
ただ、コスパを考えると香味焙煎が一番安いので、香味焙煎の中煎りと深煎りをブレンドするのが良いかもしれません。

続きを読む

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket

ゴリラコーヒーに行ってきました

日本では初上陸となるNYブルックリン発のコーヒーショップで、フードメニューに特徴があるとのことだったので、気になっていましてちょっと行ってきました。
店内は天井が高く、ロングソファー席が設けられていたり、広さの割に座席数はそんなに多くなかったりと、なかなか贅沢に空間を使っています。
まぁ、ちょっと客の回転率とか心配になります。

メニューはこちらです。
時間帯よって、コーヒーセットで割引されるメニューが違ったりします。

今回注文したのは、ワッフルビスケットサンドとセットコーヒー(コーヒーS)、それとエッグスラットです。

gorillacoffee1

ワッフルビスケットサンドはなかなかボリュームがあります。
挟んであるのはアイスクリームなので、注文した場合はさっさと食べちゃいましょう。
そう、エッグスラットより先に。
大粒のベリーも入っており、ジューシーでおいしいです。

エッグスラットは、パンが添えてあったので、付けて食べるのかと思ったのですが、上にある卵の白身が完全に固まっているので付けられません。
スプーンを入れてみたら、黄身は半熟でした。
下に入っているはマッシュポテトにバジルとコンソメみたいなので味付けしたものです。
パンにマッシュポテトを塗るのはどうかと思ったので、個別で食べさせていただきました。
うーん、次は別のを注文してみます。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket