タグ別アーカイブ: Moto360

Android アプリ ToDo Nest βをリリースしました

前回の投稿がプレオープンベータだったのに、次の投稿でフェーズが変わってしまうのはちょっと面白みに欠ける感じではありますが、投稿がなかっただけでプレオープンベータ期間中もバージョンアップはしていましたのでご了承ください。

https://play.google.com/store/apps/details?id=link.ensoft.android.todo.beta

前回とURLを見比べると少し違いがあります。
前回のURLのディレクトリ構成が /apps/testing/ だったのに対して今回は /store/apps/ になっています。
つまり、今回はストア上では普通にリリースしたアプリとして扱われます。

前回のプレオープンベータから変わったところはかなりあるのですが、大きな変更点を挙げると以下のようになります。
・アニメーション関係の調整
・通知関係の調整
・完了タスク画面の追加
・作業時間記録機能の追加
・英語と中文(簡体)の言語を追加
・アプリアイコンの変更

アニメーションは綺麗に見えないものは廃止、もしくは改善させたりしています。そのため最初と比べるとかなり挙動が違います。

通知関係はスマートウォッチを活用できる方向性で調整しています。もしかしたらブログに書いていなかったかもしれませんが、moto 360 (2nd-gen じゃない方)は結構前に購入しています。

完了タスク画面は既に完了済みのタスクを参照できる画面です。ToDo・タスク管理系のアプリだと完了したタスクは参照出来ないアプリが割りと多いので、これは意外と大きなポイントとなります。

作業時間記録機能は、開始、一時停止または完了ボタンなどで時間を計測する機能です。計測した時間はタスク詳細画面と完了タスク画面で確認できます。一時停止や完了はスマートウォッチからでも行えます。通知に完了ボタンを表示する設定になっているアラームを使った際は、作業時間記録の開始もスマートウォッチから行えます。

それと表示言語を、日本語以外に英語と中文(簡体)を選択出来るようにしています。

アプリアイコンは発注したのが出来上がったので変更しています。
ついでにアプリページのトップ画像も変更しています。
オープンベータをリリースするに至るまでにアプリページも正式版リリースレベルに修正しています。↓こんな感じになっています。

ToDO Nest アプリページ

ToDO Nest アプリページ

ちみに英語の方がストアの「簡単な説明」に記述出来る文字幅(文字数は同じ)が少ないため、その分下にあるスクリーンショットを1画面内に入れることが出来たので、英語バージョンにしています。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket

TODOアプリ(仮名)プレオープンベータについて、あとダークマテリアルテーマとか

通知関係は実装出来ているのですが、前回記事を投稿した段階では着手予定ではなかった機能に着手してしまったため、ちょっと遅れ気味です。
通知に音楽も指定で出来るようにしたのですが、その実装の際に、ファイル指定の実装をすることになったため、オープンベータではまだ公開する予定ではなかったファイルを取り込む機能(Evernote のようなイメージですが、暫くオフライン限定機能です)の実装を進めてしまったためです。

既に機能的には最低限は使えるレベルには達しており、公開したいところなのですが、アプリページのデザインなどの課題があります。
なので、オープンベータの前に、アプリページのデザインなどが出来ていない状況であることを理解して頂いた上で試用出来るフェーズとして、プレオープンベータを実施したいと考えています。

プレオープンベータは、Google Play での実際の立ち位置はオープンベータになります。
詳しく書いてもくどくなるだけなので、簡潔になにを伝えたいかというと、後日、プレオープンベータの URL を公開します。
その URL からアクセスした場合にのみインストール出来る予定です。

取り敢えず、今回作った通知関係で実際に設定する画面の画像を載せておきます。
ダークマテリアルテーマが影もしっかり表示されて、なかなか様になっていたので、ダークマテリアルを選択しておきました。

ダークマテリアルテーマ - 通知設定

ダークマテリアルテーマ – 通知設定

Android5 から追加になった、可視性(Visibility)、優先度(Priority)が設定出来るようになっています。
これらは OS 側が自由に解釈するので、優先度をどれに設定したらどういう動作に、可視性をどれに設定したらどういう動作になると断言は出来ないですが、現状自分が把握しているものでは、可視性は、public はロック画面にも表示、private はロック画面に通知だけ表示でテキストは非表示、secret はロック画面に非表示になります。
優先度を high にして、振動か音も用いるとヘッズアップ形式の通知になります。(いきなり画面の手前に表示します)
当然、スマートウォッチ(moto360, sony SmartWatch3 など)の表示にも関わってきます。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket

TODOアプリ(仮名)、クローズドベータ版を製作中です

製作中というか、既に Google Play には内輪向けに公開していて、少しずつ機能追加しているところです。
このアプリの最大の特徴は「無制限にタスクへ親子関係を設定出来る」です。
単純に設定出来るだけではなく、登録後の親子関係の再編成も容易に出来るようになっています。また、先行後続の関係も設定出来ます。
GTD(Getting Things Done) を意識し、ボトムアップ視点でタスクを閲覧する画面と、トップダウン視点でタスクを閲覧する画面、両方を用意しています。
タスクはドラッグ&ドロップで並び順を自由に移動できる上に、タグの組み合わせで絞込表示を柔軟に出来るスマートリストになっています。

売り切りタイプではなく、今後も機能拡張で成長させていく予定の一大プロジェクトのため、かなり入念に作りこんでいます。
OS側のフォントサイズ変更に対応、アプリ側の設定での言語切替対応、画面回転対応、テーマ切替対応(ライト系、ダーク系レベルで切替可能)などです。
なお、アプリ側の設定で言語切替するのは、コスト上の問題で翻訳を多くは用意出来ないためです。日時表示の書式はOS側の言語設定に合わせています。
動作確認では数万件のデータで確認し、ユーザが実用範囲内でどんなにタスクを追加しても、問題なく使える十分な性能を確保しています。

UIは当然マテリアルデザインです。
スナックバーからUNDOも実行出来るようになっています。

とまぁ、難易度が高い機能は概ね実装して出来上がってきてはいるのですが、最低限必要だと考えられる通知(アラーム、ノーティフィケーション)機能が未実装で、現在実装中です。
通知機能はかなり重要なところで、Android5 から仕様が変わり、優先度(Priority)や、可視性(Visibility)等が設定出来るようになっています。
Android5 では本体のボリュームボタンを押すと「なし, 重要, すべて」の項目が出てきますが(機種によってカスタマイズされているため異なる場合があります)、その設定で、通知の設定状態に応じて表示を制限させることが出来るようになったのです。また、制限されなかった通知に関してはスマートウォッチ(moto360, sony SmartWatch3 など)に表示することになります。
その機能を存分に扱えるようにアプリ側でもいろいろ設定出来るようにする予定です。

ただ、設定項目が単純に増えるだけでは、アプリでタスクを登録するたびにそれを設定していては面倒になるため、設定の纏まりをマスタ化させる予定です。
そのため、通知機能関係だけで6画面ほど作成する予定となっています。

オープンベータとして一般公開するにはまだ調整すべき箇所が残っており、通知機能追加と最低限の調整でのみで見積もっても1ヶ月近くかかかりそうなのですが……出来ればもう少し早くしたいところ(早くマネタイズを始めないと開発継続が厳しくなってくるので)。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket

Moto Maker で Moto360 のオーダーが出来るようになったようです

Moto Maker で Moto360 のオーダーが出来るようになったようなのですが、やはり日本には発送出来ないようです。
us ディレクトリのサイトからでは日本の住所は入力出来ないし、jp ディレクトリにはサイトがやはりありません。

サイズに関しは結局以前と変わらず直径46mm、厚さ11.5mm のまま、その他ハード的仕様も変更がないようです。
つまり 2nd Gen. と噂されていたものではないようです。

Mono Link というメタルバンドが追加になったようで、画像がそれを選択したものです。
ついでに Cognac Leather Band バージョンも。$279.99 となっていますが、ケースが銀(Light Finish)や黒(Dark Finish)なら $249.99 とお安くなります。

ちなみに Huawei Watch はドイツの Amazon でプレオーダーが999ユーロというかなり高額で始まったようですが、公式ではないので実際に発売される頃にはそこまで高額ではないかもしれません。
とはいえ、Moto360 とは違ってガラスはサファイヤガラスなので、その分は高くなるとは思います。
他の部品も高級腕時計と同じということになっていますが、個人的には出せても5万までかなと思っています。

モノリンクメタルバンド

モノリンクメタルバンド

コニャックレザーバンド

コニャックレザーバンド


Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket

Moto360 2015(2nd Gen.)は以前より小さくなるようです

ANDROIDPIT の記事によると、どうやら Moto Maker でカスタマイズ出来るようになるのは第二世代っぽいです。
ただ小さくなるとはいってもそれは厚さなのか直径なのかはよくわかりません。

以前から出ていた Moto360 の Moto Maker の画像や、今回の ANDROIDPIT のイメージ画像でも環境光センサーは健在のようですが完全な円形になるのは望みが薄いのかな?

Moto Maker に カスタマイズ出来る Moto360 が買える様になるのは今月中とのことなのですが、今度こそ普通に日本から買えるようにして欲しいところです。

買えなければ Huawei の近日発売予定のスマートウォッチでも全然アリかな。
Huawei Watch に関しては Gigazine で詳しい記事があります。

Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket